アロマの使い手|セラピストになるためには

男女

人気の職業

レディー

需要が高くなっている職業に、保育士がある。保育士になるためには、養成課程を持った大学などを卒業する方法と、資格試験に合格する方法がある。大学での学習では、卒業することで資格取得になったり実務的な学習ができ利点が多い。

More...

教育による将来のメリット

女性

幼稚園教諭を目指すうえで、大学でもより詳しい幼児教育が学べます。大学では卒業と同時に幼稚園教諭一種免許状が取得できるため、将来的なキャリアアップの可能性が出てきます。これは短大や専門学校の教育課程では大きな違いとなるため、将来を含めた学校選びが必要となります。

More...

大手企業から安定需要

勉学

衛生管理者は社員を様々な面から守るためのサポートを行っています。また最近は大企業から求められる人材として、注目されています。衛生管理者の受験資格は幅広い方を対象としており、講習の負担も重くは有りません。上位の資格へのステップアップも考えられるのも魅力と言えるでしょう。

More...

様々な就職先あり

女の人

協会や団体の民間資格

アロマテラピーに関心がある方はご存知かもしれませんが、アロマセラピストという仕事があります。アロマで心身をリラックスさせたり、体の不調を改善に導く手助けができる仕事です。就職先は、アロマセラピストとしてサロンに勤めたり経営する方や介護施設、病院で精油を使ってトリートメントを行う方やアロマスクールで講師として働く方もいらっしゃいます。このように、アロマセラピストとして様々な職場がありますが、資格がないとこれらの仕事に就けないのかと言うと、そうではありません。アロマセラピストは協会や団体が認定している民間資格なので、資格がなくても、これらの仕事に就くことは可能です。ただ、アロマは200から300種類あると言われていますので、それぞれ効能が異なる精油を実際に使いこなすには、資格を取得できるくらいの知識や技術は必要のようです。

高い学費の専門学校もあり

ただ、どのような方法で資格を取得できるのかが気になるかもしれません。資格取得の方法としては、専門学校に通う方法の他に、通信講座を受ける方法、独学で勉強して試験を受ける方法があります。精油でのトリートメントの技術を実践的に学べるのは専門学校ですが、費用が高額になることも珍しくありません。一年間でも数百万円という専門学校もあります。また、お金だけでなく通える時間も必要です。一方、通信講座は仕事をしながらでも、空いた時間に自宅で勉強ができることや比較的安く教材が入手できるので、利用者が多いようです。ネットでは、アロマ講座の比較サイトがありますので、特徴や費用などを比較してみて下さい。無料で資料請求もできますので試してみると良さそうです。効率的に学ぶ機会が得られれば、アロマのプロとして活躍できるセラピストを目指しましょう。